蜥蜴と俺と
はじめに
ALL

ART DESIGN
落書、アート、デザイン
アート作品販売情報「LWL」
Tシャツ、アートなどの販売に関する情報
写真・日記・雑記
直感写真と日常と頭の中
植物関連
生活の中の植物達
水草水槽
ネイチャーアクアリウム
ツリーモニター
樹上性オオトカゲ
フトアゴ・リクガメ
フトアゴヒゲトカゲやヒョウモンリクガメ
その他生き物関連
その他の生き物に関する記事
爬虫類達紹介
我が家のメンバー
ブログリンク
お気に入りブログ
COSYDESIGN*C...
キオキロ(記憶の記録として)
Roar of Dino...
筆文字作家「佐藤浩二」の...
COLOURFULL S...
地獄の沙汰も俺次第
爬虫類 販売 専門店 飼...
Y.Style Cafe...
柿千日和
HERPLIFE通信
weekend phot...
k's通心
自分時々爬虫類
レオパのお昼寝
Blog:Reptili...
NATURE DRAWI...
以前の記事
2009年 06月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


当ブログとのリンクは基本的にフリーとなっております。上のバナーをご自由にお使いください。コメントなどでご一報いただけると嬉しいです。
その他リンク

KANREP
AWAJIYA
PLANTSTON
AllAbout

aitower
ajimiya
kakisen
kakisen online shop
tenkawasaryo
iga drivein
<   2006年 01月 ( 46 )   > この月の画像一覧
旅の途中。
c0066827_16565197.jpg
湿度超過の檻の中でマジックの意外なほどの甘い匂いに誘われ、ライターの炎の優しさに愛撫される…。
闇黒の世界への旅の途中で一息ついた…「あれっ、コッチじゃないや」。
[PR]
by cue_design | 2006-01-31 16:58 | アート・デザイン
写すタイミング。
c0066827_18135545.jpg
自分の場合、写真を写すタイミングは、普通に仕事をしていて、「おっ、なんかおもろい!」と思った時に慌ててカメラを探すといった感じ。
[PR]
by cue_design | 2006-01-30 18:15 | その他生き物関連...
今から。
c0066827_0725.jpg
明日にでもやるさ!
自分のそんな言い訳は聞き飽きただろ?
どうせそんな言い訳は、次に目が覚めた瞬間忘れているんだから?
今から明日に繋ぐものがなければ、今言っている明日なんてないじゃないのか?
[PR]
by cue_design | 2006-01-30 00:18 | 写真・日記・雑記...
「×××バトン」って知ってる?
×××バトン『ツリーモニター』

1.PCもしくは本棚にはいってる『ツリーモニター』

  レップファイル オオトカゲ、大蜥蜴世界、クリーパーの特集など、洋雑誌、
  ネット上で検索かけまくった海外の関連サイトリンクとか。
  ※ツリーモニターの専門誌はないし、情報が混沌としているので何を信用して良いのかわかりません…。笑
 
2.今妄想している『ツリーモニター』

  熱帯雨林で木から木へバサバサ移動している姿。
  もしくは、肩乗りツリーモニター。もしくは、婚姻届を差し出すツリーモニター。笑

3.最初に出会った『ツリーモニター』

  写真では、爬虫類・両生類800種図鑑のミドリホソオオトカゲ。笑
  リアルでは、エメツリ。当時はオオトカゲを飼う勇気がなかった…。笑

4.特別な思い入れのある『ツリーモニター』

  始めて飼い始めた、コルデンシスツリーモニター。
  すぐにケージから出たがるので、触れ合いが多いからかな…。 
  愛は触れ合いの時間の長さだと感じる今日この頃…。笑

5.バトンを回す5人とそれぞれのお題

  そんな勇気ないです…。笑

[PR]
by cue_design | 2006-01-29 01:50 | 写真・日記・雑記...
雑記。
c0066827_2122392.jpg
街のあかり。人が創り出した物の中で一番美しいかもしれない。かも、しれない…。
[PR]
by cue_design | 2006-01-28 21:22 | 写真・日記・雑記...
Varanus boehmei
c0066827_130521.jpg
イエロースペックルツリーモニター、スペックルツリーモニター、イエローツリーモニターなどと呼ばれる。
一番カッコイイツリーモニターと聞かれれば、コイツ。その体型は、同時期に紹介され同じような体型をもつコバルトツリーよりも地上性種に近い逞しさを感じる。その中にも樹上性種特有のしなやかさも兼ね備え、コバルトツリーに比べれば派手さはないが、漆黒の体に散りばめられた淡いレモンイエローの美しさは俺の心を鷲掴みにした…。ガッツリと。笑

三ヶ月ほど前にウチにやってきたこの個体は、もちろんワイルドで、アダルト個体。かなり神経質で、なかなか落ち着いてくれなかった…。単独飼育に切り替えたりしながら、ようやく調子が上がって、落ち着きをみせてくれるようになってきた。といっても、神経質さはそのまま…。笑

ツリーモニターの複数頭同一ケージの飼育を続けてきて感じる事は、やはりストレスが大きな障害となること。神経質な個体や、多少調子が悪い個体をいきなりその中に放り込むのは大きなリスクを生む…。あたりまえのことだが、複数飼育ともなれば、観察する自分の視線も分散され、変化に気付く事も遅くなってしまう。先ずは高めの温度の単独ケージで代謝を上げ、毎日餌を食べ、人影になれて(人影をみるとガラスに突進していたのが、流木にスルッと隠れることを覚える程度に慣れて)からメインケージに入れるのがベストだと思う。その後も注意し、毎日ちゃんとバスキングをし、餌も食べていることを確認しないといけないが…。
もちろん、人の腕に乗ってくるような個体はいきなり放り込んでもまず問題はないだろう。笑
[PR]
by cue_design | 2006-01-28 13:25 | 樹上性オオトカゲ
フトシの最近。
c0066827_12565411.jpg
最近毎日パスキングに現れるフトシ。最近、バスキングをして体を温め、鏡の前に行くという行動を繰り返している…。鏡の向こうに行こうとしているようで、最後には鏡の裏を通ってまたバスキング…。
[PR]
by cue_design | 2006-01-28 13:00 | フトアゴ・リクガメ
フトシの時間。
c0066827_17202162.jpg
c0066827_1783721.jpg
ナミビアヒョウモンリクガメのナミが、食事を済まし寝床へ帰ったあと、フトアゴヒゲトカゲのフトシはバスキングスポットを独り占め。どちらかというと、いつもはフトシの方が先にどこかへ行ってしまうのだが…。ちょっと寂しげ…?笑
[PR]
by cue_design | 2006-01-27 17:23 | フトアゴ・リクガメ
多少。
c0066827_128235.jpg
アルコールが体のどこかに多少残っている…。多少ボーッっと…。昨日は多少食べ過ぎ、多少飲み過ぎた…。チゲ鍋のさらに辛いやつを二人で三人前と追加の具、一品料理…。愛嬌抜群の店員さん…。その後、多少迷いながら辿り着いた、マスターいわくソウルバーで、声のデカイ客に多少むかつきながら、ホイットニーヒューストンのライブDVDを最後まで観賞…。ほんま、お腹いっぱい…。でもやっぱ、ホイットニーって歌上手すぎ…。サブちゃんかホイットニーってぐらい。笑
写真はカメレオンを下からパチリッ。多少迷惑そう…。
[PR]
by cue_design | 2006-01-27 12:13 | 写真・日記・雑記...
Varanus beccarii
c0066827_18245643.jpg
c0066827_182573.jpg
ブラックツリーモニター。樹上性大蜥蜴の一種だが、地上性大蜥蜴を含めても、これだけ漆黒なモニターは居ないかもしれない。暗闇に擬態することで、身を守っているのだろうか。よくよく考えれば、昼行性の大きな蜥蜴が漆黒の体色というのは、少し不思議な気がする…。カラスは昼行性?それとも夜行性?
ってか、俺の手、白っ!笑
[PR]
by cue_design | 2006-01-26 18:30 | 樹上性オオトカゲ
Copyright 2006 CUEDESIGN All Rights Reserved.